スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公式テスト大会結果

使用構築はこちら→公式テスト大会使用構築

ranking

今さらですが、23-8の1704で7198人中198位だったようです。
最近時間がとれない関係で総合レートの方はストップしていますが、モチベはあるのでファミ通カップ、ジャパンカップは出来るだけ頑張ります。広告回避
スポンサーサイト

公式テスト大会使用構築

リザードン@ナイトY
誓い/熱風/エアスラッシュ/守る

フシギバナ@珠
誓い/ヘドロ爆弾/眠り粉/守る

ギャラドス@鉢巻
滝登り/氷の牙/恩返し/地震

ニンフィア@眼鏡
マジシャン/ショック/シャドボ/寝言

ギルガルド(色)←煽り@オボン
ラスカ/シャドボ/キンシ/めざ氷←煽り

ガブリアス@ゴツゴツメット
クロー/地震/雪崩/守る





時間もないのでてきとうにまとめておきます。
なお、31戦しかできていない模様。
23-8で最終=最高レートは1700ちょいのはずです(見てない)


(使用感)
リザYの制圧力高い、ただし雪崩注意
→ワイドガードの採用を検討

試験的に眼鏡フェアリーであるニンフィアを使ってみたが、使用感としては思っていた通りという感じ
→もし構築に特殊フェアリーを組み込むならエスパー打点があり、相手にスカーフ眼鏡の択を押し付けられるサーナイトか

鉢巻ギャラドスの恩返しはつよかった。ニョロトノとかが有効打ないと思って動いてくるところに奇襲できる。
→メタモンのことまで考えるならやつあたりに

フシギバナの持ち物、トリプルでは帯で使っていたが気分で珠に変えてみた。結果、なんともいえない。耐久は落としたくないが火力は高く満足できた。
ねむりごなは外すからクソ  最終的に撃たなければ敗けるという場面で何度か撃ったがその何度かで外していてはなんとも言えない。
→モロバレルを試験採用することを視野に。



(雑感)
外人と当たること多し。けれども、旅外人ではなく、ちゃんとした構成の人がほとんどだった。
外人のゲッコウガ率、日本人のサーナイト・炎ロトム率が思ったより高い。
敗けた8試合のすべてになにかしらの運が関わっていること。外す技はつかいたくないorz
1に安定命中、2に上から殴る、これが正義ですね

試験的に適当面子(使ってみたかったメンツ)で潜ってみて色々と手応えを感じられた。シーズン2はリアルの方が忙しくろくに潜れていないためモチベダウンだったが、少しはアップに繋がった。
次のカロスダブルはコジョンドを構築に組み込んでみようと思う。

【ダブル】INCA・ジャパンカップ使用構築

ratexiasuブシン
レパルダスキノガッサ
グロチュウイおっさn






ラティアス@ハバン
流星/めざ炎/神秘/威張る

ローブシン@ラム
ドレパン/マッパ/冷パン/守る

レパルダス@悪ジュエル
イカサマ/アンコール/威張る/猫

キノガッサ@襷
種ガン/マッパ/胞子/守る

メタグロス@オッカ
コメパン/思念/地震/守る

ボルトロス@電ジュエル
10万/めざ氷/電磁波/威張る





コンセプトはダブルの対面構築。
相手の流星受けにグロス後出し、ラティアスへの悪技読みでローブシン投げなんかはやりますが、基本的に交代という手段はとらないように立ち回ります。

パッと見害悪プラスαといったように見えると思いますが、実は初見殺しなギミックを多く含んでいます。先発起用の多いラティアスメタグロスの二匹がどちらも半減実を所持していることがその一例となります。
PT構成上ゴウカザルやシャンデラ、ウルガ等が厄介なためメタグロスで強引に狩れるようにしました。これによりラティグロス選出で先発に多い相手の多くのポケモンに対し有利となります。厄介なのはスカーフランドのとんぼ返りとカポウルガくらいですね。
にしむら先輩からいただいたダイボスペイングロスは大会中一回しか急所被弾せず、壁クレセグロス相手に2連急所当てる神でした・。・v

ラティアスの神秘はクレセやバレル対面時に張ることが多いです。神秘に威張る絡める立ち回りはよほど余裕な時しか使いません。相手が引く読みで張っておけると安心感があり、味方への威張るコンボでどや顔できます。あると便利。

レパルガッサ選出は対雨時のみ初手から行います。別名害悪。この構築の一番の強みは、対雨への勝率が100%であることです。一度だけ不運が重なり『ここで相手のグドラが混乱自傷しないと敗け』という局面もありましたが、ジャパンカップ終了現在まで30試合以上雨とは遭遇していますが一度も敗けていないため雨へのメタ性能は群を抜いていると思われます。
ある程度レートの高い人はレパルガッサボルトラティアスの並びを警戒してかニョロトノキングドラ選出では来ないことがほとんどですが、1400~1500程度の雨使用者の場合はほぼ初手ニョログドラでした。レートが物語るということですね。ただ控えのクレセグロスや格闘、鋼枠(多かったのがハッサムとズキン)、そして電気枠(というかほぼボルト)に関してはレパルガッサボルトローブ選出でよほど急所などで運悪くなければ勝てます。スイッチ含むあらゆる雨に勝ちたいならボルトとガッサ入れましょう。

それでも霊獣ボルトランド二匹が共存しているPTやラティランドスイッチのような強力な攻撃能力のあるPT相手には不利な立ち回りを強いられることもあったため、まだまだ改善の余地はあると思います。
ラティアスメタグロス枠は1月大会の時点ではエルフシャンデラでしたが、これらのごり押しで崩壊するためにラティアスメタグロスを採用しました。竜枠・鋼枠として半減実を持たせたこいつらが一撃で落ちることは今までで一度もなかったです。

選出として、ラティグロス・レパルガッサ・ボルトブシンという強力な組み合わせができることが強みとしてありました。害悪というよりはスタンとしての動きをとります。
対雨ではレパルガッサボルトローブ。一度だけラティグロス先発のレパルガッサ後衛ということもありました。
トリルを張ってきそうな相手にはレパルやガッサを、相手にガッサやバレルがいる場合はラティアスを積極的に先発起用し、ラティオスやカポエラーなど優位をとれる相手が多い場合はメタグロスの性能最大限生かすように立ち回ります。

格闘二枚を動かしやすくするために相手のクレセリアを威張る+ジュエルイカサマで高速処理したり、ラティアスで相手のラティを処理したあとローブorガッサで暴れるといったことが多かったです。
グロスの命中に悩むことはあまりなかったものの、味方への威張る外しや威張るを外したおかげでクレセをイカサマで一撃で処理できずトリルを張られてしまうなどありました。命中90技を撃つ機会がどうしても多い分外しがあるのは仕方ないことですね。いたずら威張る二匹はそれに見合うほど強力だと思います。

レートに関しては最高1714で最終的に1650ほどに落ち着きました。対戦数たくさんこなしたいです^^;

INCA大会レポート

三回目のインターナショナルチャレンジが終わりました。WCSの前座としてなんで三回もやったんでしょうか、不思議です^^;
これほどまでに短期で公式のwifi大会があったのは前代未聞な気がしますが、楽しめました。

以下対戦相手のデータ
FroZen*@英・ボルトロス化・ズルズキン・ブルンゲル・メタグロス・ラティオス・トルネロス化
Alexis@独・キノガッサ・ガブリアス・バンギラス・マンムー・サザンドラ・ハピナス
K@noN@日・サザンドラ・ロトム水・メタグロス・クレセリア・ガブリアス・ローブシン
リプトン@日・ラティオス・メタグロス・ウルガモス・ロトム水・ガブリアス・ズルズキン
ケンシロウ@日・ジュカイン・カメックス・ゴウカザル・ボルトロス獣・カビゴン・カイリュー
ASH@日・サザンドラ・ランクルス・バイバニラ・デンリュウ・ベトベトン・ダイケンキ
ホワイト@日・ゾロア・マメパト・ヨーテリー・コジョフー・レパルダス・ユニラン
ブラック@日・ハリテヤマ・ユキノオー・シャンデラ・パラセクト・ブルンゲル・ドータクン
Rolex@独・グライオン・ビリジオン・ガブリアス・ギャラドス・コバルオン・ラティオス
アカギ@日・ニョロトノ・キングドラ・マリルリ・ボルトロス獣・モロバレル・ゴチルゼル
ヨット@日・トリトドン・ユキノオー・メタグロス・ドクロッグ・クレセリア・ウルガモス
Anthony@米・ランドロス獣・ボルトロス獣・モロバレル・スイクン・クレセリア・ズルズキン
ノア@日・クレセリア・メタグロス・ローブシン・ロトム水・ボルトロス化・サザンドラ
じぶ@日・カポエラー・シャンデラ・クロバット・ランドロス獣・スイクン・メタグロス
シュレ@日・ギギギアル・ウインディ・ロトム草・エーフィ・フライゴン・ドクロッグ
とろとろ@日・レパルダス・キノガッサ・ハッサム・ラティオス・ボルトロス獣・ヒードラン
おはNSD@日・ボルトロス獣・レパルダス・キノガッサ・テラキオン・ハッサム・クレセリア
Mayo@墨・ルカリオ・オノノクス・エルレイド・デンリュウ・ジャローダ・ケンホロウ
=△=)b@日・モロバレル・キリキザン・ガブリアス・バンギラス・クレセリア・ギャラドス
ひかる@日・ニョロトノ・クレセリア・キングドラ・ハッサム・ズルズキン・モロバレル
はやと@日・クレセリア・ズルズキン・ハッサム・ランドロス獣・ボルトロス獣・ラティオス
わんたん@日・ガブリアス・キングドラ・ハッサム・ローブシン・サンダー・シャンデラ
ほぉりぃ@日・ウルガモス・サザンドラ・メタグロス・カポエラー・トリトドン・クレセリア
ROMAIN@仏・バンギラス・ラティオス・オノノクス・カイリュー・サザンドラ・グライオン
しょうた@日・メタグロス・クレセリア・ナットレイ・ロトム水・ローブシン・マリルリ
スクエア@日・ボーマンダ・シャンデラ・ユキノオー・クレセリア・ズルズキン・メタグロス
Denaysh@濠・ムクホーク・ポリゴンZ・アギルダー・ウルガモス・ランターン・コドラ
Kaichi@日・オノノクス・サンダース・クレセリア・バンギラス・ギャラドス・メタグロス
ホフパワー@日・ニョロトノ・キングドラ・メタグロス・クレセリア・ボルトロス化・ズルズキン
ホワイト2@日・ガブリアス・ナットレイ・メタグロス・ラプラス・ゲンガー・ゴウカザル
クロン@日・エルフーン・キリキザン・マリルリ・ラプラス・フワライド・エテボース
アキラ@日・クレセリア・バンギラス・ヒードラン・ロトム水・カイリュー・シュバルゴ
フェニル@日・ナッシー・キュウコン・ウインディ・メタグロス・ヤミカラス・マニューラ

記録された試合数32回・試合途中エラー0、勝送信中エラー2・負送信中エラー0・見せ合い選出時エラー3回・最終レート1637

インターナショナルチャレンジ3大会中今回が一番アツく楽しかったです!レートは一番低いし対戦数も少ないですけどね^^;
モルフさん影さんはやとさんほぉりぃさんという強者勢、および仲良くしていただいてるフェニルさんとマッチングして試合できたので満足です。モルフさんに関しては7年前からの隠れ信者なので最高でしたね。
PTまとめは次回記事になると思われます。INCMのものを少し改良して使いました。
レートについては、1400~1500勢に勝つ⇒高レート勢に負ける⇒1400~1500勢に(ryというループを繰り返していた模様。1日目からじっくり潜っていれば1800はいけたのではなかろうか^^;負け惜しみ。二日目からはやっぱキツい。ボーナスない分楽しいけど強者がゾロゾロである。1700~1800以上で、なかでも有名な方の立ち回りは見事なものです。

とある大会の試合記録(バトルレポート)

一番アツかった試合の対戦ログをまとめました。
PT構成まとめるよりも先にこっちがやりたくなったのです。







サブロム(ユキノオー・ガラガラ・ブルンゲル・カポエラー・シャンデラ・ニョロトノ
VS
ヨミ♪さん(ニョロトノ・ルンパッパ・メタグロス・クレセリア・カポエラー・バンギラス

BV:80-72623-50811

選出
こちら:先発(カポエラー・ブルンゲル)後発(ユキノオー・ニョロトノ
相手:先発(カポエラー・クレセリア)後発(バンギラス・メタグロス


1ターン目
カポエラー・ブルンゲルVSクレセリア・カポエラー
※お互いのカポエラーの威嚇が発動(こちらのカポエラーの威嚇が先に発動⇒こちらのカポの方が速いことが判明)
カポエラー:猫だまし⇒クレセリア
カポエラー:猫だまし⇒カポエラー
クレセリア:ひるんで動けず
ブルンゲル:トリックルーム

トリル1ターン消費



2ターン目
カポエラー:手助け⇒ブルンゲル
カポエラー:不意討ち⇒ブルンゲルダメージ3分の1
ブルンゲル:ジュエル消費しおふき⇒カポエラーHP黄色・クレセリアオボン発動でHP3分の2まで回復
クレセリア:電磁波⇒カポエラー麻痺

トリル2ターン消費



3ターン目
カポエラーニョロトノ 
※雨状態になる
カポエラー:不意討ち⇒失敗
ブルンゲル:自己再生⇒全回復
クレセリア:威張る⇒ブルンゲル混乱

雨状態・トリル3ターン消費



4ターン目
ブルンゲルカポエラー
※威嚇発動
カポエラー:不意討ち失敗
ニョロトノクレセリアにドロポン撃つも外れる
クレセリア:神秘の守り

雨状態・トリル4ターン消費・相手神秘1ターン消費



5ターン目
カポエラー:麻痺して動けない
ニョロトノ:ドロポン⇒クレセリアHP4分の1
カポエラー:ジュエルインファイト⇒カポエラーHP半分以上残る
クレセリア:電磁波⇒ニョロトノ麻痺

雨状態・トリル解除・相手神秘2ターン消費



6ターン目
カポエラーメタグロス
カポエラーブルンゲル
クレセリア:威張る⇒メタグロスA二段階アップ
ニョロトノ:麻痺して動けない

雨状態・相手神秘3ターン消費



7ターン目
クレセリア:威張る外れる
メタグロス:地震⇒ニョロトノオボン発動・ブルンゲルHP黄色
ニョロトノ:波乗り⇒ブルンゲル貯水で回復緑に・メタグロス3分の1ダメージ・クレセリアミリ耐え
ブルンゲル:トリックルーム

雨状態・相手神秘4ターン消費・トリル1ターン消費



8ターン目
クレセリアバンギラス
※砂嵐状態になる
メタグロス:守る
ニョロトノ:波乗り⇒ブルンゲル貯水で回復HP9割・バンギラスダメージ4分の1
ブルンゲル:潮吹き⇒バンギラスHP赤

砂嵐状態・相手神秘解除・トリル2ターン消費



9ターン目
ニョロトノ:麻痺して動けない
ブルンゲル:潮吹き⇒バンギラスダウン・メタグロスダメージ4分の3
メタグロス:地震⇒ニョロトノ急所ダウン・ブルンゲルダメージ4分の3

砂嵐状態・トリル3ターン消費

ニョロトノユキノオー
バンギラスクレセリア



10ターン目
メタグロス:守る
ユキノオー:吹雪⇒クレセリアダウン
ブルンゲル:自己再生⇒HP3分の2

霰状態・トリル4ターン消費

クレセリアカポエラー※威嚇発動



11ターン目
ユキノオーカポエラー
※威嚇発動 メタグロスには無効
メタグロス:守る
カポエラー:不意討ち⇒ブルンゲルHP黄色
ブルンゲル:シャドーボール⇒メタグロス守る

霰状態・トリル解除



12ターン目
相手降参


降参の理由は、ユキノオーの霰ダメージでそもそもメタグロス・カポエラーでともに落ちる状況だったことと、こちらのカポエラーのほうが相手のカポエラーよりもSが速く、また11ターン目で繰り出した状態だったため12ターン目では猫だましを撃つことができたということから、勝ち筋が無くなったため妥当な判断と言える。


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。