スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

International Challenge January バンガブ構築

バンギ動くガブリアス
クレセグロチュウイ
ミトムzukin


バンギラス@スカーフ

ガブリアス@食べ残し

クレセリア@オボン

メタグロス@超ジュエル

水ロトム@電ジュエル

ズルズキン@格闘ジュエル





(自分の中では)最短と思われる19勝でレート1700乗りました。
また、この数字はダブルでの連勝記録を更新しました。
彼女の組んだ構築パクりました(笑)
本家は最後カポエラーだけどメインロムで使ってて個体ないから威嚇ズキンいれてみました^^
バンドリクレセやシャンデラブルンゲル相手のときズキンでよかったなと重いました。
流行り始めている?レパルガッサテラキボルトといった害悪+エースの韓国レート1位構築に対抗するためにウルガモスやボルトロスをいれたいですがなかなか難しいところ。
正直水ロトムとズキンの枠はまだ改善の余地アリ

立ち回りはとにかく相手を詰ませること。
まもみが回避ガブか、バンギでの詰みを主に狙っていきます。
水ロトムは重たい雨相手、グロスのジュエルは相手がラム警戒で状態異常技をグロスに撃つのをためらうことを見込んで+カポエラーローブシン、そしてなによりモロバレルを厚くみての選択。
いかりのこなモロバレルを一撃で吹き飛ばして勝った際どい試合があったのでこれはかなり使えると思いました。
クレセリアの調整を変えたいと思います。
ガッサ抜き+C特化シャンデラのジュエルシャドボ耐えのラインを両立したHS基軸のクレセになると思われ。
これでガッサより先に神秘を撃てるようになります(潜ってから失敗だと気づきました)

これにSに振ったボルトを入れて相手のボルトやレパルに挑発を撃てるようにし、いかりのこなを使えほぼ全てのカポより速いであろうウルガモスを加えれば厳しいカポウルガやレパルガッサ入りにも厚くなると思われ。
ダブルの構築やプレイングはシングルほどわからないから、強い人の立ち回りとかじっくり観察して研究してみたい。
以上、それなりに試合数こなしてそれなりのレート叩きだした結果をまとめました。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。