スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑記 地元勢とのポケモン談義

大学の夏期休業で帰省すると、久々に地元ポケモン勢と会い、夜通し酒を介してポケモンしまくることで互いに切磋琢磨していることを確かめあいました。
さて、そのときにつかった構築や話し合いで覚えてることをメモしようと思います。
構築記事めんどーだからこういう雑記に走るだけ。


自分がつかったのは
・トノグドラ+ボルトガブ
・エルフパルローブ
・バンギガブライコウ
・襷ガッサ入り受けル
・ノオーガブボルト

で、その他見かけた構築としては
・無効化構築
・ノオースタン
・ライコウローブ
・サクラバトン
・バンムドフシギバナ

でした。地元勢は皆シングルオンリーなためほぼシングルしかしておりませんが、数回やったローテでは電磁波ハクリューが思わぬ活躍をしておもしろいなとは思いました。
ちなみにローテに関してはバンドリラティ妹キッスガッササマヨのバンドリを使用しました。

無効化構築に関して、これは無効化できる技のタイプを多く含んだ構築のようです。たとえばノーマル格闘炎を無効化する貰い火シャンデラなど。

さて、いまメインでつかっているのはエルフパルローブ、特にエルフガブの形をとれて、かつパルシェンとの積みサイクルでウルガモス、壁ローブの形をとるライコウといった構築で、どうしても相手のクレセリアやブルンゲルが重くなりがちであることで、悪巧みボルトやトルネロスの採用を考えるといった風に談義が進みました。
また個人的には神秘の守りをうまくつかえないか検討してみたいと思っています。
なぜなら、ローブシンとパルシェンといった抜きエースの双方が電磁波や熱湯に弱いためです(ローブシンはラムを持たせてありますが)。

XYのフェアリータイプについての話ももちろんあり、結局はラティドランラティッサムは強いんじゃね?となりました。あと余計にドリュウズの活躍する環境になるのではと。

友人の一人が考案したもので興味深い、実におもしろいと言えるポケモンがありました。
その名も赤紙グレイシア。レッドカードで相手のラティッサムコンビを無理矢理崩すと言う、ネタの域を出ないにしても奇襲としては読まれず成功率もそれなりにあり意外性も高く、なかなか極悪な技であると感じました。
レッドカードという持ち物は相手・運依存で不安定なアイテムであるため、wifi戦ではレートではおろかフリーでもほとんど見ることはないと思いますが、開拓の余地は残されているアイテムなのかもしれません。レッドカードで電磁波をまくボルトロスや、前歯蜻蛉で撹乱するクロバット、またステロドンファンなどでレッドカードは使われることがあるようですが、アタッカーでの使用もできる可能性があると思いました。あくまでネタの域を出ないにしても。
あとフシギバナ入り受けル(催眠吠えループ+ステロのようなギミック)が改めて強いと感じました。バンギムドーフシギバナグライオンみたいな形でしたが、甘えた寄せ集め構築ではボロ負けしたものの、再戦では珠パルシェンで分からせました^^; なのでグライオンをやめてヤドランなんかがいいかもしれませんね。あるいはジバコイル、エンペルトなどはもっと評価されるべきだと思ってます。
ジャポビリジオンとかいうものを推しメンされましたが、ぼくにはよくわかりません。確かにマンムーパルシェンに不意のダメ与えられて苦手な物理へ多少は対抗?できるようになるんですかね。そもそもビリジオンがよくわかりません。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。