スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XYシングルレート1期使用構築

バンギラスラムエッジ噛み砕く瓦割り吠える砂起こし
ガブリアス逆鱗地震エッジ剣舞鮫肌
サンダーゴツメ10万めざ氷羽休め電磁波プレッシャー
ハッサムナイトバレパン蜻蛉返り羽休め剣舞テクニ
マリルリオボン滝登りじゃれつくアクジェ太鼓力持ち
ヌメルゴン竜の牙流星竜波文字10万草食





XYシングル一期の雑なまとめとなりますのでかなりだらだら書くと思います()

題して【対面積みサイクル】。五世代後期の流行語だった【対面構築】のように、対面性能の高いポケモンを軸に組んだ上で、それぞれのポケモンが得意不得意な相手を補完し合って、一体が倒されても後続が後出しから起点に積んで全抜きを狙うことのできるような【積みサイクル】要素も含めたPTとなりました。このようなコンセプトのPTは五世代のころから自分で使っていて楽しい、あるいは使いやすいと感じる構築であります。

XY最初のシングルはバンギ・ガブ・バシャ・キッス・ジバコ・ゲンガーというあかいいとの効果が判明する前に作った手抜き構築()を使用して30戦足らずで1700到達でき、しばらくさぼって他ルールで遊んでいましたが、シングルのレートが特にインフレしていることでまた興味を持って多少は高レートを目指せるであろうPTをつくろうとして完成したのがこれです。
29戦22勝7敗1714くらいから使用して、最終的な全体戦績は54戦41勝13敗でちょうどレート1900となりました。勝率75%をキープしながらギリギリ人権得られてホッとした反面、1900以降の環境もおもしろそうなのでまだやってみたいという気持ちもかなり強いです。

最初のメンツはバンギラス(個体そのまま技が身代わり・エッジ・地震・噛み砕く)でサンダーの枠がヘドゲン、ヌメルゴンの枠がまひるみナットレイとなっておりました。しかし10戦も回さないうちにファイアローに対して薄いポケモンが多く、また電気技を撃てるポケモンが欲しいと感じたことからサンダーの厳選を決意しました。そしてめざ炎個体だとナットレイでも流すことのできないメガフシギバナを見るため+相手の電気(主にロトム)への駒として草食ヌメルゴンを採用しました。以下個別詳細




banngigigigi
バンギラス@ダクボ
陽気 177-186-131-x-125-117
調整に関しては、一般的なヤドラン(持ち物想定オボンorゴツメ)と噛み砕く・熱湯を打ち合った時にやけどを二連引いても殴り勝てるようHADを調整してあります。また素早さを準速バンギを抜いてくるポケモンをさらに抜き抜き抜きという変態調整。おかげで準速バンギ抜き調整のポケモンが多いため、多くの相手(メガギャラドスと対面で殴り勝ったり等も)に対して奮闘してくれました。自分では今までシングルで使ってきたバンギの中でも一番使いやすいと感じたものの、あまりオススメはしないでおきます(笑)
使い始めのころはいばみがクレッフィとギルガルドへのメタとして地震・身代わりを搭載していましたが、レートが上がってくるにつれて小さくなる系や壁構築とのマッチングが増えたため、それらをメタることのできる瓦割りと吠えるにしました。大成功でした。いばみがクレッフィは高レート帯には減少傾向にある(?)し、ギルガルドはプレイング次第でだいたいなんとかなると感じたため。逆に小さくなるピクシーやライドなんかはプレイングではどうにもならないですので。
ボール書いていて気づきましたが、ムーバー解禁後はダクボバンギってだけで旧作教え技か遺伝技のどちらかがないってことがバレてしまいますね。。。




gaburiasu6
ガブリアス@ダイボ
陽気 183-182-116-x-105-169
単純にAS残りB こいつに関しては、Bに多めに振ってゴツメを持たせてドラゴンダイブつめとぎで使ったこともありましたが、やはり単純に逆鱗ぶっぱしたい場面が多くまた常に火力が求められるポケモンだと思ったのでASに落ち着きました。ムーバー解禁前では使わない理由のない文句なしの最強ポケモンだと思います(小並




sandaaaaaaa
サンダー@ゴジャボ
控え目 191-x-115-187-110-114
厳選個体のためそこまで個体値よくないです。1日かかって控え目3Vのめざ氷を確保できたので一応満足はしています。途中で理想値のめざ草を泣く泣くリセットしたエピソードもありますが笑。HBを鉢巻ガブリアスの逆鱗耐え(=素のガブのエッジも耐えられる)、鉢巻ファイアローのフレアドライブ耐え、珠ファイアローのブレバ+フレアドライブを高乱耐えくらいまでの物理耐久と、無振りガブをめざパ+ゴツメダメで確定くらいのCを確保しました。




megasssamu
ハッサム@プレボ
意地っ張り 175-189-120-x-100-98(⇒175-211-160-x-120-108)
このPTを組むうえで、メガ進化枠を誰にしようかということを最後まで悩んでいました。メガハッサムというポケモンは全く眼中になかったものの、いざレートで相手に使われてなかなか強いと感じたため自分でも使ってみたら強かったです。さすがに珠ッサムに及ばないもののかなりの火力とHB、HDハッサムに近い耐久とが両立できるため、メガ進化ポケモン特有の爆発力には欠けますがなかなか安定したスペックを持っていると感じました。メガ状態でロトム付近のSに甘えた連中を抜ける程度のSと16n-1のH、残りAというおおざっぱ振りで使いましたが、それでも強いと感じたので調整のしがいがありそうなポケモンだと思います。




mariruri
マリルリ@ダイボ
意地っ張り 200-112-100-x-101-77
かわいい顔して、全抜きエースです。じゃれつくの一貫からの削り+太鼓と高火力先制技での抜き性能を両立したポケモンであり、太鼓後のコイツは前作で愛用していた破り後の珠パルシェンを彷彿とさせるものがありました。パルと違って、サイクル戦にも強気でいられ、サザンドラやバンギラスなども起点にできるというのが強みだなあと感じました。1700くらいまではミラーが起きなかったものの、1800以降の環境ではかなりよくみかけました。ミラー対策に耐久をちょっと落としてSに割いておいて正解だったと思います。耐久は太鼓オボン用にH偶数で、またさりげなくH:B:D=2:1:1となっております(意識したわけではない笑




numerugonn
ヌメルゴン@ダイボ
控え目 191-x-90-178-170-107
よくみたらカッコカワイイ気がする新600族ドラゴン。採用するに当たっては特性草食であることに注目しました。五世代のころはガッサのせいでよく「草食でポテンシャルの高いポケモン欲しいなー」と感じていました。メガフシギバナとロトムに強く、相手の後続に負担をかけられる火力もあるコイツは、積みサイクル要素はないものの、PT全体で苦手な部分へのメタとなるポケモンであると感じました。マリルリ・ハッサム・ヌメルゴンという選出は、パルガッサナンスみたいな五世代色の強い相手にめっぽう強かったです。 Hを16-1で、Hメガフシギバナやソーナンス対して牙込みで竜波+流星で倒せるような調整。




雑記
BW後期の環境とは違い、1700はラクラク・1800超えてからが本番というかんじではないかと思いました。レート帯によって流行っているポケモンも違うのかな~と。たとえば1700台にはクレッフィや受けループ・ヤミラミグライオンのようなめんどくさいポケモンが多かったものの、1800以降はバンギガブ+メガ進化ポケ+なにか、みたいな構築がとても多かったように感じました。ギルガルド・マリルリはマッチングした1800台の人のPTに必ず入っていました。1900台とのマッチングは2回しかなかったものの、どちらもバンギガブ+メガ進化+αの形でした。また、積み詰ませピクシーやクレライドバトンなどの小さくなる系も1800台で3回あたりました。
マッチングした方で、TODによる勝利が2回、同敗北が1回(めんどくさいので途中降参しました)ありましたが、これに関しては申し訳なく思っています。けれども、TODもルールに則った戦術の一つであるため、それしか勝ち筋がないのならばそれをしなければ舐めプになってしまうため、時間が許すならば私は決行します()  今回は、いばみがクレッフィに確実に勝つためと、2VS1まで追い込んだヌオーがマリルリの滝登りで急所二連続+ひるみでも起きないと突破できないと判断したため、TOD戦法を2回行いました。こちらがやられた例としては、ピクシー相手にこちら匹数不利の状況で小さくなるを3積みされて時間ぎりぎりまで粘られたものです。
対策として、途中からバンギに吠えると瓦割りを覚えさせましたが、これが正解となった試合があったため満足しています。壁クレッフィ+小さくなるフワライド+αの構築に対して吠える瓦割りバンギで突破したときはかなりうれしかったです。と、今作ではTODやループ系、小さくなるなどへの対策が求められると感じました。今後も1700付近ではよくマッチングすると思います(これらは1700台の相手に多かったため)。
ムーバー解禁後でもBW2の方でも対戦環境を残しておきたいため、シングルではあまり輸送する予定はありません。さすがにラティとテラキくらいは送るとおもいますが^^; ムーバー解禁後は環境がガラッと変わってくるため、また違うPTをつかうこととなりそうです。レート以外でのフレ戦等での勝率も高く、なかなか満足できる構築となりました。
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。