スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2枚天候鈍足トリルin全国ダブル

ニョロトノburunn
ぬるぬるノオーズキン
syannderaガラガラ








鈍足トリルをBW2環境で初めて組んだ。
クレセ+グロスorシュバルゴのスイッチが多い中、鈍足トリルは環境にそれなりに刺さると思われ
挑発やアンコールなどいくらでも妨害手段があることには注意したい
今回は特にボルトロスを厚くみたつもり
ガラガラという選択は、特性避雷針でありながらドサイドンとは違い鋼・地面・格闘技が抜群でないことから生じた。グロスやバンギドリュなどに対し強く出られることを重要視した。
ズキン+ブルンゲルの並びを見せると、相手がレパルボルトという初手だった場合、高確率で(というかほぼ確実に)レパルがズキンに猫、ボルトがブルンに対し挑発あるいはジュエル十万などで潰しにくる。そこでズキンをガラガラに交替し、ブルンはジュエル潮吹きを選択するという択もありうることとなる。控えにガラガラがいるかはっきりしない初手の状況では相手はこれを読むことができない。

余談だが、せいしんりょくこの指ルカリオというものも使ってみたい。先日のINC参加賞のジャポの実を持たせてテラキやドリュ等の襷を潰したりできるのは魅力的だと思う
ジャポの実はどのルールでももっと評価されていいはず

細かいギミックとして、冷靜ブルンゲルのS個体値が22となっており、最遅トノ+1の値であることから、トリル下でトノが波乗り⇒ちょすい回復⇒潮吹き といったことが可能である。
ほかにはノオー及びガラガラが最遅、シャンデラが冷靜でズルズキンが慎重となっている。
また、ズルズキンは噴火最遅ドランにトリル下で先手をとれるよう個体値を調整してある。
シャンデラは最遅どころかV無し個体である。冷靜C29。野生産ゴジャボ厳選のため←NNペアドット
ガラガラが唯一北米産、また珍しく全個体が自己厳選産

天候二枚というのはコンセプトではなく、穴埋めとしてトノを入れた形になる。
もとはシャンデラ+ズルズキンの形にブルンゲル+ユキノオーを加え、ブルンゲルに飛んでくる電気技をガラガラで抑え、バンギやキュウコンに後出しでアドを稼ぎブルンゲルとのシナジーを見込めるトノを入れる形となった。
持ち物は順にオボン、水ジュエル、襷、食べ残し、ラム、太い骨

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。