スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ダブル】INCA・ジャパンカップ使用構築

ratexiasuブシン
レパルダスキノガッサ
グロチュウイおっさn






ラティアス@ハバン
流星/めざ炎/神秘/威張る

ローブシン@ラム
ドレパン/マッパ/冷パン/守る

レパルダス@悪ジュエル
イカサマ/アンコール/威張る/猫

キノガッサ@襷
種ガン/マッパ/胞子/守る

メタグロス@オッカ
コメパン/思念/地震/守る

ボルトロス@電ジュエル
10万/めざ氷/電磁波/威張る





コンセプトはダブルの対面構築。
相手の流星受けにグロス後出し、ラティアスへの悪技読みでローブシン投げなんかはやりますが、基本的に交代という手段はとらないように立ち回ります。

パッと見害悪プラスαといったように見えると思いますが、実は初見殺しなギミックを多く含んでいます。先発起用の多いラティアスメタグロスの二匹がどちらも半減実を所持していることがその一例となります。
PT構成上ゴウカザルやシャンデラ、ウルガ等が厄介なためメタグロスで強引に狩れるようにしました。これによりラティグロス選出で先発に多い相手の多くのポケモンに対し有利となります。厄介なのはスカーフランドのとんぼ返りとカポウルガくらいですね。
にしむら先輩からいただいたダイボスペイングロスは大会中一回しか急所被弾せず、壁クレセグロス相手に2連急所当てる神でした・。・v

ラティアスの神秘はクレセやバレル対面時に張ることが多いです。神秘に威張る絡める立ち回りはよほど余裕な時しか使いません。相手が引く読みで張っておけると安心感があり、味方への威張るコンボでどや顔できます。あると便利。

レパルガッサ選出は対雨時のみ初手から行います。別名害悪。この構築の一番の強みは、対雨への勝率が100%であることです。一度だけ不運が重なり『ここで相手のグドラが混乱自傷しないと敗け』という局面もありましたが、ジャパンカップ終了現在まで30試合以上雨とは遭遇していますが一度も敗けていないため雨へのメタ性能は群を抜いていると思われます。
ある程度レートの高い人はレパルガッサボルトラティアスの並びを警戒してかニョロトノキングドラ選出では来ないことがほとんどですが、1400~1500程度の雨使用者の場合はほぼ初手ニョログドラでした。レートが物語るということですね。ただ控えのクレセグロスや格闘、鋼枠(多かったのがハッサムとズキン)、そして電気枠(というかほぼボルト)に関してはレパルガッサボルトローブ選出でよほど急所などで運悪くなければ勝てます。スイッチ含むあらゆる雨に勝ちたいならボルトとガッサ入れましょう。

それでも霊獣ボルトランド二匹が共存しているPTやラティランドスイッチのような強力な攻撃能力のあるPT相手には不利な立ち回りを強いられることもあったため、まだまだ改善の余地はあると思います。
ラティアスメタグロス枠は1月大会の時点ではエルフシャンデラでしたが、これらのごり押しで崩壊するためにラティアスメタグロスを採用しました。竜枠・鋼枠として半減実を持たせたこいつらが一撃で落ちることは今までで一度もなかったです。

選出として、ラティグロス・レパルガッサ・ボルトブシンという強力な組み合わせができることが強みとしてありました。害悪というよりはスタンとしての動きをとります。
対雨ではレパルガッサボルトローブ。一度だけラティグロス先発のレパルガッサ後衛ということもありました。
トリルを張ってきそうな相手にはレパルやガッサを、相手にガッサやバレルがいる場合はラティアスを積極的に先発起用し、ラティオスやカポエラーなど優位をとれる相手が多い場合はメタグロスの性能最大限生かすように立ち回ります。

格闘二枚を動かしやすくするために相手のクレセリアを威張る+ジュエルイカサマで高速処理したり、ラティアスで相手のラティを処理したあとローブorガッサで暴れるといったことが多かったです。
グロスの命中に悩むことはあまりなかったものの、味方への威張る外しや威張るを外したおかげでクレセをイカサマで一撃で処理できずトリルを張られてしまうなどありました。命中90技を撃つ機会がどうしても多い分外しがあるのは仕方ないことですね。いたずら威張る二匹はそれに見合うほど強力だと思います。

レートに関しては最高1714で最終的に1650ほどに落ち着きました。対戦数たくさんこなしたいです^^;

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。